FC2ブログ

自動一輪免許教習日記

あこがれの大型自動一輪免許・・いったいいつになったら取れるのか?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

VTRの上げ方がわかりました  

VTRを上げようとすると、100回が100回ともリアタイヤがスピンするという難病w
Dトラ&KSRチームと何が違うのか、ようやくわかりました。

(SK様にかなり助けてもらったというのはここだけの話w)

とにかく後ろに荷重がかからない。
ハンドルが低くて遠くて、後ろに荷重が乗る前にタイヤが滑って上がらない。
Dトラで後ろに荷重がかかる時の態勢になろうとすると
ハンドルが遠すぎてどうにもならないという状態。

Dトラではちゃんと出来たんだけど・・

ここから話せば深い試行錯誤があったのですが省きますw

Sk様のレクチャーのお陰で、30日かかるはずの試行錯誤が15分に短縮w
(ありがとうございます・・人生の残り時間をかなり節約できました)

要は、DトラやKSRは
バイクの前後長にくらべて重心も着座位置も高いので
VTRで言うと少しフロントが上がり始めて重心と尻の位置がやや後ろ上方に移動した状態に
上げる前からそうなっている、と
どうもそういうことのようで。

つまり、Dトラがウイリーする前の態勢にまず持って行くことがVTRの場合必要であると。
Dトラの場合、始めからウイリーしかかってるような重心バランスなので簡単に上がって来ると。
そういうことらしいです。

いやー実は自分もそうじゃないかと思っていたのですが(爆)

で、グリップしないものをグリップさせる方法が
ステップを前に向かって蹴り込む、と。

ステップを前に、尻・背中を後ろに
ハンドルと腕はクラッチミートの瞬間は前だけど
次の瞬間は加速Gに合わせて尻・背中と一緒に後ろへ。

なんかそんな感じ。

上がる瞬間は尻荷重は抜けるんですな。
その分の荷重はステップを蹴ってリアタイヤをグリップ。
ステップは前にも蹴るからその反作用でハンドルとカラダが後ろへ。

で、少し上がって来ると、荷重がステップから尻に移動して
あとはDトラと同じ。
(Dトラではリアブレーキを一瞬踏む以外は始めからステップには一切無荷重でした)

どうもそういうことのようで。

これがロードバイクの上げ方なんだそうであります。

どうりでなあ・・Zもちょっとタイヤが古くなると全然上がらなかったわけだ。

これでやっとVTRでウイリーの練習ができます。やれやれw


DSC_0497.jpg

フォークオイル交換中の図。

左のフォークのトップキャップを開けて逆さにすると
メインのスプリングと一緒にリバウンドスプリングも出て来ましたとさ(爆)

中古車は必ず一度はバラしてみるべきだという実例w

category: 練習とか

tb: 0   cm: 2

コメント

なるほど!とても参考になります。

僕の場合は100モタしか乗ったことないので乗るまでわかりませんが、
そんなに違うのですね。
ちなみにフォークオイルの量はノーマル規定値ですか?

URL | ZUNO #-
2012/03/12 20:47 | edit

ここに書いてあることを信用したらいけませんよ~(笑)
さっきも少し練習したのですが、とにかくステップをガン!と踏めば上がるみたいでした。
タイヤが新しいと、もっといい加減にやっても上がるのかもしれません。

フォークオイルの量は規定通りです。(適当ですけどw)
ただ自分の好みで規定よりも高い粘度のを入れました。

URL | damdamatuko #-
2012/03/12 21:27 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://damdamatuko.blog121.fc2.com/tb.php/774-31e0446a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。