FC2ブログ

自動一輪免許教習日記

あこがれの大型自動一輪免許・・いったいいつになったら取れるのか?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

トップスケーターの言うこと 1  

おはよございます。

先週は仕事で家に帰れず、練習できませんでした。
今日も忙しいのですが、あとで少し乗ってみようと思います。

さて

関係ありませんが、例によってフィギュアスケートの話。

スタント=フィギュアと思っている自分としては
近頃のフィギュアスケートの不可解採点については心おだやかでありません。

それで、いろいろ調べてみましたが
肯定派も否定派も言いたい放題で、シロウトにはよくわからない。

ですが、どうも
フィギュアの採点というのは
公平・公正・客観的とはとても言えないようなモノである

というのはもはや公然の事実になっている、ような気がしました。


といっても
自分のようなシロウトが何を判断できるはずもなく・・

そこで
超人の中の超人、超ウルトラスーパーサイヤ人級の
トップスケーターの方々は何を言っているのか
それだけに耳を傾けてみることにしました。


まずはジョニー・ウィアー。




「政治的なスポーツ」と言ってますね。

やはりそうか。

しかし、この晴れ晴れとしたインタビュー。
そして不平・不満・文句・他人の批判を決して言わない姿勢。

男前だなあ。
立派だなあ。

まあ、見た目は女だゲイだなどと言われていますが
そんなことはどうでもいい。

動画のタグに「ジョニーの性別はジョニー」とありますが、確かに。ははは。

あなたは素晴らしい!




にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ いつもクリックして下さる方、ありがとうございます。
スポンサーサイト

category: スケートのこと

tb: 0   cm: 0

エフゲニー・プルシェンコ !!  

あのー

バイクに乗る方なら、わかっていただけそうな気がするんです。

超絶な能力を持っている人の素晴らしさ。


まあその

すごい超能力者だからといって
すぐれた人格者とは限りませんけど

とりあえず
ありえないその能力に、わけもなく感動しませんか。


バイク関係だったら

motoGPライダーとか
MX、トライアル、フリースタイルMXとか
他にもいろいろ

それとスタントライド

世界の頂点クラス

たとえば
北斗3兄弟とか
南斗6聖拳とか

そんなレベルの人たちの超絶パフォーマンスを目の当たりにすると

人間ってここまでできるのか
これができるまでにどれほど努力したのか

とか思って

自分のミニミニ度合いを再認識して
ああ自分もがんばらなくちゃ、とか

思いませんか。


まあ自分は思うんです。



で、無理に行きますがスケート。


「ジャンプ」ってもはやスタントだと思うんです。

フィギュアスケートはスタントスケート。

スタントライドはフィギュアライドだと
この前言ったばかりですけど

すいません妄想癖過剰で

まあスケートとバイクの区別がつかなくなっているのですが

いずれにしても
とにかく難しいコトをやるやつはエライ、と思うのです。

とくに
世界でひとり、とか
人類史上初、とか

すごくねっすか。

もうそれがどれくらいすごいのかわからないくらいすごい。

そういうのは素直にすごいと思いたい。

で、
「伊藤(みどり)の前に伊藤なし。伊藤の後に伊藤なし。」
などと常々言っているのですが

このたび
え?パクリですか?ってくらい
自分が言いたいことを言ってくれてしまった人が現れました。


プルシェンコの前にプルシェンコなし、プルシェンコの後にプルシェンコなし


おおー!
そうだそうだ。その通りだ。

禿げしく同意だ。ハゲ同だ。

そう言いたくなるよねー。
そう言うしかない。

人類史上空前絶後。もう二度と無いだろう。
と思ったらそう言うしかない。

先日紹介しましたブログなんですが

フィギュア事情に疎い自分には書けないことを書いてくれて感激。

コメントしたいけれど、コメント欄が無くて残念。


すごいモノはすごいと評価しましょうよ。

フィギュアはジャンプがすべてではないけれど
人類史上オンリーワン、そんなジャンパーの評価を過剰におとしめるのはやめようよ。

フィギュアでなくたって何だってそうだ。
スゴイものはスゴイ。

そう思う気持ちを大事にしたい。

なんて。
思います。


覚えてますか。トリノのエキシビジョン。
自分は忘れられません。





それと2001年世界選手権の楽しいエキシビジョン。



すごいなー。



にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ いつもクリックして下さる方、ありがとうございます。

category: スケートのこと

tb: 0   cm: 2

フィギュアスケートがよくわかるブログ  

スケートのブログをもうひとつ見つけました。

★Figure Skating Guideline★

元スケーターさんのブログのようです。
 
先日紹介したMizumizuのライフスタイル・ブログ とはまた違い
スケート界に身を置く方ということで
なかなか慎重に発言されています。

現採点法については、否定・擁護どちらの極端にも与せず
シロウトにも問題点がわかりやすいような
記事を心がけておられるように感じました。

こういった方々の努力で、良い方向になればと思います。

さすがに専門の方だけあって
採点方法、スケーターの技術など
シロウトにはわからないことを色々と解説・紹介されていて
とても貴重なブログだと思います。
スケートに興味があれば、ぜひ読んでいただきたいです。




にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ いつもクリックして下さる方、ありがとうございます。

category: スケートのこと

tb: 0   cm: 0

採点競技の不条理  

日曜に書いた記事なのですが、消えてしまっていたので再アップ。


フィギュアスケートの動画、ひととおり見ました。

キム選手と浅田選手の尋常でない得点差。
あれは何なのか。


→Wikipedia・フィギュアスケートの採点方法


GOE加点って何だ?

主観が入りすぎてやしないか?


→参考記事・フィギュアスケート得点分析


キム選手が男子シングルに出ていたとしても優勝だって??

うむむむむ。



フィギュアスケートの採点方法の異常事態について
とても詳しいブログを見つけました。


Mizumizuのライフスタイル・ブログ


1日12万人が来るブログだそうで。(まじか!)

記事内容の真偽を判断する術は自分にはありませんが
とても興味深いので、ぜひ読んでみていただきたいです。


それによると

どうやら
演技構成点とGOE加点による、ジャッジの主観的な「加点マジック」が多すぎて
比較的客観的な「技術点」による評価を吹き飛ばしてしまっている。

加えて
その加点のつけ方が一貫していない。

ということみたいです。


はっきり言うと、デタラメな採点、か。


うむー。


確かに違和感アリアリの採点でしたが・・

書いてあるとおりなら、ゆゆしき事態です。


おそらく、選手たちはわかっているのでしょう。

浅田選手は言ってました。

「自分の言葉では、言えません。」

フリー演技の後は泣いてました。
単に負けたから悔しい、だけでなく
いろんな思いがあったような気がします。


改善を望みたい。


選手の努力が報われるよう
フィギュアスケートの未来のために。




にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ いつもクリックして下さる方、ありがとうございます。

category: スケートのこと

tb: 0   cm: 2

伊藤みどりさんのこと その2  

こんばんは。


男子フィギュアスケート、終わりましたね。

女子も見なければ。


ところで

女子エクストリームスケーティングの歴史は
伊藤みどりから始まったことを、あなたは知っているだろうか。


世界選手権史上初のトリプルアクセル。
その決定的瞬間↓




What a incredible jump !! Midori Ito !


どんだけ飛ぶねん!

じつにエクストリームなのだ。




にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ いつもクリックして下さる方、ありがとうございます。

category: スケートのこと

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。